アホ鏡

稚拙で支離滅裂ながらも日々感じたことを書き綴ります

続 長文700

こんばんは

ついに師走、坊さん以上に受験生があちこち走り回る月になりました。

その例に漏れず、私もあちこちを走り回ることになるでしょう。

 

さて、先日自前のおっちょこちょいで購入した長文700ですが、予想をはるかに上回る活躍ぶりでお先真っ暗受験地獄に垂れるクモの糸になってくれそうで、内心嬉しく思います。

 

「あつものに懲りてナマスを吹く」

という言葉通り難解な英文を読み進めることで、比較的平易な文でも一字一句を丁寧に読むようになって来ましたし、スピードも心なしか上がっている様な気がします。

 

私の使い方ですが、まず朝一番で設問を解いて答え合わせします。基本バツばっかりですが気にしません。

次に正答率の如何に関わらず知らない単語は調べて覚え、朝に二回、昼に二回、夜に二回の計6回長文を通しで読みます。

 

長文"700"なので最初は二回読むだけで優に25分は掛かりますし、とても疲れますがめんどくさがらず、一字一句噛み締めて意味を理解しながら読みましょう。

 

おそらく誰もが既に行っているはずですし、わざわざ文字に起こすのも恥ずかしい程当たり前のことですが

とりあえず以上が私の長文700の使い方です。